⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<私は一度も騙されたことがない>

 書籍名 <嫌いなのに離れない人> 人間関係依存症の心理 


 書籍名 <嫌いなのに離れない人> 人間関係依存症の心理 
..著者 <人生相談の大家> 加藤 諦三(かとう たいぞう)~早稲田大学名誉教授


今その人と一緒にいる意味を一度考えてみてください。
本当に好きだからでしょうか。   
それとも自信がなくて、寂しいからでしょうか。


ずるい人に騙されるという体験は、おそらく殆どの人がする体験である。


この世にはずるい人が渦巻いているからたいていの人は騙される。


一度も騙されないという人は、その人自身が人をだます人だからである。


自分が人をだます人だから、だます人のやり口や気持がわかる。


だからだまされない。


私は <一度もだまされたことがない>などという人を絶対に信用しない。


小生は子供の頃、父親から<一度も嘘をついたことがない・・>という人を信用して
はいけない・・その言葉自体が嘘なのだ・・・


<嘘つきは泥棒の始まり>と教わり肝に銘じている・・



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。