⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<防災見学>




自治会の<防災プロジェクトNo?>
10月24日のの拓殖大学見学に続き・・団地内の高尾山学園を、訪問・・

校長先生・副校長先生の案内で校内を見学・・
4階の端にある防災倉庫・・
飲料水・アルファ米・毛布他・棚まで大量に保管されている。
市立の学校には同様に保管されているらしい・・


災害が起きては困るが・こんなに大量の保管はいかがかと感じた。
学校にはエレベーターがない・・
どの様な手段で4階まで運び入れたかは想像もできない・・
万が一の災害時に人力で運び出すのも大変だ?


校内を一巡したが・至れり尽くせりの各教室・
不登校の改善?を目的にした・・全国でも数えるほどしかないそうだ・・


知人から生徒たちの様子を聞いていたが・・過剰な過保護?の感じがした。
一般社会に戻って生活できるのかな?
団地内でも引きこもり気味の20代から50代までの人を承知しているが・
子供たちの未来に一抹の不安を感じた・・




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。