⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

 <雨のことば・・朝立ち~夕立ち>

書籍名~  <雨のことば辞典> 


元NHKのお天気キャスターの<倉嶋 厚>さんの著書より
最初から終わりまで<雨・雨・降れ降れ・・>のオンパレード


<朝立ち>  朝方降るにわか雨で<夕立ち>の対象語~夕立ちの方がにわか雨の確率は高いが朝降ることもある。  朝早く旅立つ事も<朝立ち>という。


私事で恐縮ですが?小生は、かなり前に<朝立ち>は卒業している。


<早天の慈雨~黄金の雨>  日照り続きの時に降る恵みの雨  


<狐の嫁入り>  昼間日が射しているのに雨が降る状態


<涙雨>  深い悲しみの涙が降るように感じられる雨~ 葬式の時等別れの時に降る雨を言うこともある。


<朝雨は女の腕まくり>  女性が腕まくりしても余り怖くないように、<朝雨>は、すぐに上がるので怖くはない。


<晴耕雨読>  晴れた日は畑で<農作業>~雨天の日は家で<書物>に親しむ。 <悠悠自適>の生活を言う。   羨ましい限り憧れる。


本日も35度近くまで上がり<残暑>が続いています。  
<熱帯夜>は勘弁して下さい。
<夕立>を期待して <一点の雲もない空>を、見上げています。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。