⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<女だと思って?>


同年輩の女性?から・久しぶりに、女だと思ってバカにして・・と言われた。
幼少期から<女の子は弱いからいじめてはいけない>と言われて今日まで過ごしてきた。


小生は<男女同権>と考えたことはない・・たぶん同世代の同世代は共通だと思う。
別に見下ろしているわけではないが・・


男は子供を産むことができない・性別を超えられない特性はあると信じている。
トラブルがあれば男が・先頭で防衛するのが当然だが・・最近は我先に逃げ出す輩もいるようだ。


我が家は、先の女性と同様で・それ以上に小生を馬鹿にして意地悪する女傑が存在する
バカバカしいから必要以上の会話もない・・

幸いに幼少時から家の手伝いをしてきたので・・裁縫以外は、何でも何とかこなせるので意地悪されても応えない。


小生は本来孤独(一人)が好きで、群れは好まない・・
数日会話がなくても応えない・・学ぶ時間ができたと趣味等に没頭する。


人様の評価?と違い・能天気の単細胞なので・何処に放り込まれても対応ができる?
地域の老婆さんたちと仲良くさせていただいているのも・<女だと思って・・>の考えをしていないからだと自負している。















×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。