⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<スマホに苦戦!>

ガラケーの調子が悪くなったのでやむを得ず・低額料金の<スマホ>に変えた。


本音は、ガラケー + タブレットの予定だった。
パソコン内の資料の一部を、持ち出してプレゼンに使用する予定だったが?


低額に吊られて、スマホを先行してタブレットをとりあえず保留にした。


スマホは毎日触っているが・電話の受信・送信にも苦労して叱られている。


メールなどとんでもない・細かい画面の文字は見えない・触ると隣の字を間違えて打ち込んでアウト
説明書を購入して読んでみるがさっぱりわからない・・


先般は同僚に アドレスの整理やスケジュール他の多くをパソコンと共有などの作作業をしてもらった。


理解したつもりでも単独でやるとまるっきりダメ夜中までかかりイライラの連続・・


今日は別の同僚にライン等の設定他・・たたまげるほどの作業を短時間でしてもらった。
マイクを使用して<声>で作業できる・細かい文字を探さなくて済む・


画面にタッチしたつもりでもうまくいかないことが度々あり別の画面に変わったり・
本体を軽く押さえて指先でチョン?すればたやすく作業が進む・・
微に入り細に入り教わったので・特訓の効果?が少し出てきた。
今一理解していなかったことが少しわかった。


スマホで撮影した写真をパソコンに転送するのに毎日悪戦苦闘して・まぐれでうまくいくことがあったが手段が分からなかった。
そのため毀れかかているデジカメで補完していた。


気持ちに余裕出来たので帰宅後撮影した写真をパソコンに転送一発でうまくいった・
転送・インポート・・何でもパソコンでやってくれる・・
何故・・このような簡単な手段が分からなかったのか? 
毎日毎日苦労してイライの連続・不思議です。


加齢や左眼の不調・理由は種々あるが・・アナログ世代に育った人間がデジタルに移行するのは難しい。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。