⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<強制執行?>

昨年10月急死した知人宅に貼り紙が・・<無断で退去した・・>


葬儀等は友人たちが共同で終えた。


子供さんとの関係が複雑だったようで・誰も後始末もしないで時間が経過していた。


以後5か月間・・小生は高尾駅方面に出かけるときは・雨天以外は徒歩なので・住戸の前を通る・・時々立ち寄りポストのチェックをしていた。


個人あての文書・領収書は玄関ポストに、チラシ類は持ち帰っていた。


先日の貼り紙では連絡がないときは<鍵の交換>・だったが


今日はポストにURの鍵がかかっていた。


相続処理を何度も体験しているが・・親族間の揉め事は、他人が調整するのは難しい。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。