⁂館ヶ丘団地・職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<高齢者の自殺>

昨日・教授から絶版になった書籍(160頁)を、大量にコピーしていただいた(教本)をいただいた。


 <はじめに>を、読んでいたら長年気持ちの整理がつかなかった疑問が解けた。
 * 自殺する人の中で最も多いのは同居している高齢者です。


 昭和31年<15歳で戸主>になった小生を支えてくれたのは父親の従姉の伯母さんでした。
 <箕輪御殿>のお嬢様?と聞いていたが・連れ合いの叔父様は戦前は手広く会社を経営されていたらしいが・・
長男を<特攻隊第1号>で失って以来・・意欲が無くなって貯蓄で生活していたようだ・・


現在でも通用するような<細身で長身の紳士>の形容がぴったりでした・・
詳細は分からぬが・数年後30歳も年の離れた女性と北関東の山中で<積雪の中>で発見された・・


昭和44年・母親の義兄(元牧師)が、自宅で鴨居にぶらさっがっていた・・
小生の母親がブラジルに移住したのを見届けたように1ケ月後のことで優しい伯父さんの配慮に混乱した。


 母親の姉は<世紀の悪妻>と陰口される2枚舌・・80歳を過ぎたころまで近所の中学生たちに<英語>を教えていたような強者・・
親族間でも・・あんなに意地悪したり・いびったり・・妹たちとも接触がなくなり可哀そうに<孤高の人>になった。


 墓場まで持って行くつもりだったが・小生の母親はブラジル滞在20年後に<心筋梗塞>で、手術・ SOSが出たので<ブラジル>まで迎えに行って連れ変えったが<浦島太郎>で、2年経過しても日本の生活にはなじめなかった・・


前兆が見え・帰りたがるので・・ブラジルまで戻そうと相談中に失踪した・・
各署に手配したが分からず・半年後に<行旅死亡人>で帰ってきた・・


小生は警察や役場の説明で原因を把握しているが・・同行した<細君や娘たち>は理解していない・・
<墓場まで持参>すると決めているので・詳細は口外しない・・


我が家では、父母の命日等は一切やらないと決めている。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。