⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<小林稔侍さん>


小生と同年輩・いつも気になっている俳優さんです。
10年位前に・高倉健さんが<稔侍はいい奴だ>との誉め言葉を聞いた。


しんぶん赤旗の記事から・・
<丸裸の気分でよし、やるぞ>


デビュー当時から目をかけてくれた高倉健さんとの出会いもかけがえのないものです。
下済み時代、すれ違いざまに<稔侍、頑張れよ>と声をかけられようものなら<その言葉で1週間は気持ちが持ちました>と。


小生は、幼い時から<超生意>と言われて・今日に至った。


面白がった・父親世代の大先輩から・年中声をかけてもらい誘われた。
ゴマを擦ったり・お世辞等したことがない・・
勿論対等などと考えたこともなく‥素のままで自分の意見を、発していた。


面白い考えだ・そのような意見も面白いな・任せるからやってみな・・
おだてられたと分かっていても?気分が高揚して夢中になって動いた。


1週間は気持ちが持ちました・その言葉の響きが分かります。


稔侍さんは語ります。
仕事を大小で選ばない。 みんなこの先に夢をみて、今を頑張ってるんだから。
縁あってめぐりあえた人と、肩を並べて一緒に歩いていけたらいいよね。


歳を重ねても謙虚な気持ちは大切です・・生は、家族から<ぶっきらぼうの鉄仮面>と揶揄せれているが・


街中に出没すると多少・評価が違うのではないかと・矢張り勘違いですか?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。