<館ヶ丘団地・職人の戯言>

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<中食とは・>


先日教授から大量のコピー・・
1997年4月発行<元気になれる食事援助・>を読んでいたら・・
<元気になれる中食・外食の知識>が目についた・・


夕食は<外食>にするか・・中華に~洋食にと口に出すことがあるが・・
迂闊にも<中食>なる言葉を知らなかった。


HPで調べなおすと・・
● <中食とは>総菜やコンビニ弁当などの調理済み食品を自宅で食べること。
● レストランや飲食店で料理を食べることを<外食>と言い・・
● 手作りの家庭料理を自宅で食べることを<内食 (うちしょく:ないしょく) >と言ったりする。


 総菜や弁当などの、外部の人手によって調理されたものを自宅で食べるという意味で、外食と内食の中間に位置づけられることから、こう呼ばれる。


 <中食>という言葉が登場したのは、働く女性やコンビニエンスストアが社会に定着した1980年代ごろからだと思われる。


 20年前に発刊され書籍から学ぶとは・・我ながら呆れた。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。