<館ヶ丘団地・職人の戯言>

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<老後の心配>

書籍名~ <定年男子 定年女子>・・45歳から始める「金持ち老後」入門!
著者~   大江 英樹 さん~ 経済コラムニスト


 大江さんの話がよくわかります。  企業や役所等に勤務されている現役の方は、特に注意が必要です。
  
 老後に一番怖いのは<孤独>になることです。


 俗に老後の三大不安と言われるのは<健康~お金~孤独>です。


この中で圧倒的に深刻な問題なのが、<孤独>だということが定年後に身に染みました。


 健康やお金が大事だということは誰でもすぐにわかります。


ところが現役時代は、毎日会社に行ってますから<孤独>に陥ることはないのです。


そのため<健康やお金>に対して気をつけている人は多くても<孤独>を、恐れて準備している人はいません。


その分余計に、退職した後に<孤独感>に襲われ憂鬱な退職後の人生をおくらざるをえないということになりかねないのです。


それを防ぐためには、できれば40代遅くても50代に入ったらそのための準備を始めた方がいいと思います。


 今日<行く>ところがあるか~今日<用>があるか・・


言い換えれば自分の<居場所>があるかないかが、幸せな老後がおくれるかどうかの決定的な違いになってくるのです。


 小生は友人たちから何度も<ゴルフ>を、勧められたが断っていた・引退後は遊んでもらえないよ・・


年中同じメンバーで行動するのは<真っ平ゴメン>・一人でも平気で孤独感はない・


50年余り・初対面の顧客と数々の交渉をしてきたので・・老若男女誰とでも抵抗感が少ない~フラットに話ができる


 いきなり、見知らぬ集団にぶち込まれても・あまり違和感を感じなく溶け込める・・


家族の評価は<単細胞>だからでしょう・・自分でも正解と理解している。


 小生が一番身に染みているのは<お金>です・生涯現役の予定でしたが、現在体調不良で休職中・・


僅かの<年金>だけでは・小遣いも出ない・遊びにも行けない・歌の文句ではないが
<暇はあるが金がない>


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。