⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<故障中!>


昨日の夕方・バス待合室の扉が開かなくなった。


連絡を受けたので点検・扉の上部少しずれている・ そのため力一杯でないと開かない。
直ぐに住まいセンターに連絡・懇意の担当者に連絡すると今朝も担当者が確認に行ったが異常はないとの報告があった。


直ぐに手配します・・1時間後に連絡があり・異常が判明したが部品の調達に時間がかかるので盆明けになる。


<開閉不良>の貼り紙をしてきた・・小生が20日頃修理完了と足し書きをした。


午前中事務所に出かけ・待合室を点検に行くと・室内から人が出てきた。


修理が完了かな・・貼り紙はそのままの状態・・


扉を開けると正常に開く・室内からも開く・・扉の上部を見るとずれが直っていた・・


ゴミでも詰まってずれていたのか・わからない・


直ぐに住まいセンターに連絡するが・・祝日のため休日・明日の曜日も休み・・


雷の音に扉がびっくりして正常に戻ったらしい?













×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。