⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<知人の死亡連絡>

19日に、母が亡くなり家族葬をしたと息子さんから 連絡が入った。
最近入退院されている情報は確認していたが・


今月は初めに、彼女と親しい知人に状態を確認したところ
知人達とも接触したがらないというような情報を聞いていた 。
ご主人の介護と自身の体調不良ということでだいぶ苦慮されていたようだ。


小生とは 共通の知人№さんの件で 昨年6月に衝突し ‥以後気まずい関係が続いていた。
男性なら直接・詰めてしまうが・・女性の時は、脅かされた等で誤解されても困るので仲裁を、前会長に依頼した。


旧三役で話し合ったのを確認していたが・会長からは回答がなかった。
新年度の役員人事の件で・激しい応酬があり・
その時点で回答を要求したが拒否されたので彼女を、辞職に追い込んだ。


長い間自治会活動で、活躍された方が無役になり・病気のご主人の介護などで心労も重なったと推測される。


彼女のご冥福を祈ると・同時に過去の軋轢を、忘れることにする。
偶然に・・闘病で入院中の知人Nさんと21日に面会してきた市役所の担当者から聞いた。
当分の間<面会禁止>、解除されない・OKが出たら即連絡してもらうことにした。
可哀そうだが。新年は病院で迎えてもらい・退院を待ちます。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。