⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<伝言ダイヤル>



南多摩住いセンターの担当者が来られ・災害時の通報手段を教わった。
なぜ15日だったのか?
* <災害用伝言ダイヤル及び災害用伝言版>の体験日が毎月1日・15日でした。


スマホを自由に操れない小生は悪戦苦闘・伝言用ダイヤルは、何とか可能だが・・
伝言板は、メール同様に書き込まなければならないので難しい・・
声録音で試してみたが・漢字変換がうまくいかず利用できそうもない・・


災害時にTVで<171>に登録・連絡と放送されていたが、練習しておけば家族間の連絡には役立ちそうだ・・


(1) 171 (伝言ダイヤル()
(2) 登録先電話番号 042-XXX-xxxx
* 第1放では・・
こちらは<館ヶ丘団地>です。
自治会のXXです。
15日15時現在の状況を連絡します。
団地全体はXXの状況です。
倒壊はないものの一部の住棟でクラックあり。窓ガラス割れ多数。エレベーターはすべて停止です。
電気・ガス・水道は供給停止。電話は通じにくくなっています。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。