⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<説明日誌から>




館ヶ丘団地集約再生事業で、文書開示請求をしている。 

<交渉状況>の開示内容から・・真っ黒塗りが50人くらいあります。


NO31の契約者氏名~ 号棟の看板に張られた・誰が書いたのか分からないが
団地内居住者として決まったことにこういった名乗りを上げずに嫌がらせの文書を掲示する行為に憤慨している。


小生は、27年1月11日以降・・真正面から理事長あてに要望書3回・内容証明書等を送付・・相談会も数回開催・・何度も結果報告などもしている。


自治会他多くのサークル等を横断しているので・多くの情報から・・投書者は特定していないが・推定は出来ている。


小生は、逃げも隠れもしません・・言い分は私に直接言われたほうが良いのではないでしょうか?隠し事や秘密は、露見することもあり・遺恨の源になります。


当初から<一時使用契約は、居住権の剥奪~優越的地位の濫用>につながるので、対象者が納得するまで、丁寧にわかりやすく説明してほしい・と訴えてきた。


一時使用契約に契約しないと、移転先の住戸を紹介しない・・無理やりに居住者を追い込んだのは<法律違反>と弁護士も説明された。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。