⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<魂かけた職人>

小生は、TVは、ニュースと天気予報が主で・暇つぶしに見ることはない。
何かをしながらもない・何となくもない・・
スポーツ番組を眺めているが、長時間は続かない・・


見るときは、真剣に見ている・・気になった部分はメモる・
年中同じような顔ぶれの歌番組・・タレントのバカ騒ぎにはスイッチを切る。
その結果?芸能人の行動・活躍等は分らない(芸能音痴)・・


新聞の記事から・・<市原隼人さん>を、知った。
自分がなぜ芝居をするのか理由が知りたかった教えてくれたのは観客でした 。
ある方にこんな声をいただきました。


私はあと何ヶ月しか命がありません
でも病室で<隼人君の笑顔>にを見ると頑張れます。
涙が止まりませんでした この仕事は誰かの応援歌なんだ .


魂を削ってでも頑張ろう全てがわかりました
職人になろうと思いました 時間を忘れ役に没頭してセリフを何十回も繰り返す・・


いい青年?だな・・考え方に共鳴した
MR職人は<魂かけた職人>を目標に突っ走ってきた・・
周囲からは典型的な<不動産バカ>と評され・・間違いではないと自負している。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。