⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<旅の夜風・啼くな小鳩よ>




18日・いちょうホールで、シニアクラブ連合会・第11南支部の<芸能退会>が開催される。
館ヶ丘団地のシニアクラブ(銀星会)は、コーラスと舞踊で出演します。けされ 
元来<歌と踊り>は全くダメな小生は、人数不足のため駆り出される。


昨晩連絡があり、急遽練習することになった。
整列して・挨拶をする場面から練習・・
10数人の合唱なのでで小生の悪声も消された。


リーダーに・随分古い歌だね・小学生の頃に聞いた歌ばかり
問うと・参加する人の大半は。<後期高齢者>だから丁度良いのだ・・


< 旅の夜風 >
1(男)
  花も嵐も踏み越えて
  行くが男の生きる途(みち)
  泣いてくれるな ほろほろ鳥よ
  月の比叡(ひえい)を独(ひと)り行く


2(女)
  優しかの君ただ独り
  発(た)たせまつりし旅の空
  可愛い子供は女の生命(いのち)
  なぜに淋しい子守唄


3(男)
  加茂の河原に秋長(た)けて
  肌に夜風が沁みわたる
  男柳がなに泣くものか
  風に揺れるは影ばかり


4(男女)
  愛の山河(やまかわ)雲幾重(くもいくえ)
  心ごころを隔てても
  待てば来る来る愛染かつら
  やがて芽をふく春が来る


< 啼くな小鳩よ >
1 啼くな 小鳩よ 心の妻よ
  なまじ啼かれりゃ 未練がからむ
  たとえ別りょうと 互いの胸に
  抱いていようよ おもかげを


2 旅ははるばる 涯(はて)ないとても
  呼べば届くよ 夜毎の夢に
  思い出したら 祈ろじゃないか
  つきぬえにしを 身の幸を


3 さらば 小鳩よ 心の妻よ
  瞳曇るな また逢う日まで
  帽子振り振り 後ふり向けば
  暁(あけ)の野風が ただ寒い 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。