⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<補正通知書>


8月22日投稿の<文書開示請求>から・・


8月31日に担当者からの電話で12通請求の内4通を訂正してほしい・
9月11日付けの補正通知書が届いたので内容を確認すると・・


平成30年8月22日付で請求のありました法人文書開示請求書の記載事項に形式上の不備があったので、独立行政法人等の保有する情報の公開に関する法律第4条第2項の規定に基づき、下記の通り補正を求めます。


1 補正箇所
記1 「移転先住戸のタイプ変更に関し空き住戸(全戸)の情報)」を、「館ヶ丘団地集約型団地再生事業に関する移転先住戸のタイプ変更に関し、平成29年9月30日時点の団地内空家の総戸数の情報」に補正


2 補正理由
・・・・ 平成30年8月31日に貴殿への電話連絡似て確認したため・・


他の通知では頭に「館ヶ丘団地集約再生事業に関する」を追加・・


片目の小生は、細かい字は書けない・・昨日印刷して切り抜き・・貼り付けて送付した。
先ほど担当者から電話があり・
送り替えされた「法人文書開示請求書」に直接訂正して送り返してほしい。


規則だか?規約だか分らぬが・・素人がやっとの思いで提出しているが・並みの者?だったら諦めてしまう・


弱い者虐めみたいで・頭に来るが・・「全国自治協の加盟団地」と情報を共有しているので辛抱することにしている。








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。