⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<元気はつらつ>




八王子市主催の<元気はつらつトレーニング教室>に参加した。
 9月4日より11月30日までの全24回・・毎週火曜日・金曜日の 午後1時半から2時半までの60分・・
第1回は台風21号の影響で中止・今日が第1回になった。


会場は高尾駅至近の<だいきち接骨院>講師は伊藤院長・・拓生大学柔道部のメディカルトレーナーも兼任されている。


小生が参加した理由は・・
各種の医療・健康雑誌等で紹介されている高齢者向けの体操等を見ておりますが
目で見てやってみてもなかなか上手くいかないので実際に教えてもらいたいと という目的で参加しました。


今日は問診の後で<スクワット>という形のものを教わりましたが 自分で考えていたイメージとはだいぶ違いました
なるほどこういうやり方をするんだなーっていうことを身をもって体験しました。


特に印象に残ったのは院長が、各種のトレーニングもなるべく速くやるということを言われました。
当初はゆっくりでもコツをつかんだら・・なるべく速く・スピードを管理しないとプラスにならない。


日々の散歩でも同じペースで続けると・身体が要領を覚えてずるくなる・・
絶えず負荷をかけて行くのが重要・・


小生は年中主張するのは現状維持は退歩になる・・1歩後退・2歩前進の気持ちを持たないとまずいようだ。


帰宅後椅子にもたれて<スクワット?>を、試してみたが・院長の理論が少しわかった。


パンフレットを拡げながら・・眺めていると真逆の手段で考えていた運動があった。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。