⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<戦争の悲劇1>

毎年恒例になっている<戦争体験>の話を聞いた。


87歳のTさんは、当時の姿で竹やり持参・・日頃から弁の経つ方だが・多くの資料も持参・迫力にはたまげた。
微に入り細に入り・当時の生活状態・・悲惨な実例・・


86歳のSさんは記者をされていたそうで緻密な資料を提示さながら・わかりやすい説明


長房町に設置された<八王子幼年学校>の詳細・各地から文武両道の<エリート候補生>を集めて教育したそうだ・・
現地は<都営の長房団地>に生まれ変わっている。


小生は終戦時、4歳8ヶ月の幼児で会津若松市に疎開していたので記憶はない。
母親の実家の会津では、叔父(弟)がガダルカナルで戦死・・隣家から養子に来た叔父も戦地から戻ってきたが病死・・
<戦争の話>はタブーで身内からは、ほとんど聞いたことがない・・


小生は・声高には主張しないが<戦争は絶対反対>・殺し合いの結果は、一つもよいことがない。
アメリカの手先になって<軍需産業>を、応援する愚か者ではない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。