⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<ノー天気!>


辞書を引く・・
<能天気・脳天気>とは、行動が軽はずみである様子や、軽薄な人などを指すときに用いる表現です。


昼間・同級生の男女が大きな声で会話しているが・同席している人が小生の視線に恐縮している。


<老人会や自治会>には会費まで払って入ってもいいこと一つもない・
入らなくても旅行や催事には誘ってもらえる・・


場所は縁側(自治会事務所)・出入りは自由で誰でも使用できる。
ただし役員他サポーターがボランティアで維持管理している。


放言は自由ですが・会長はカウンタ―当番で在席・
小生とサポーターの一人は<自治会・老人会の会員>です。


日頃から言動を注意さている人たちですが・・少しは遠慮があってもいいのでは・・


遠慮が出来なくなったのか? 元来の性格なのかは不明ですが?・・


<毎日がに曜日!>の世界にに長時間浸ると・自分の立ち位置が見えなくなる・・


時々・・何でもいいから自分の守備範囲で<ボランティア*活動>しないと分別が出来ない老人になってしまう。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。