⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<連日救急車>


小生の居住するUR館ヶ丘団地は高齢化率55%・・平均年齢は70歳を超えました。
高齢者は約1800人・・半数が後期高齢者です。


当然救急車が来ない日はない。
最近の傾向では同一の人が、度々依頼するケースが多い。


軽症・勘違い等で救急車が空振りで帰ることも見受けられる。
昔話に出てくる<オオカミ少年>ではないが・近隣で住民は不安ながら・・ またかよ?になっている。


団地集約対象地域の知人は、引っ越し条件提示後は<居住権>を主張して元気でしたが・一時契約に追い込まれてから言動が若干可笑しくなり・・最近はアル中?になってきた。


現住戸とは、大きく離れた引っ越し予定の住戸の付近で迷ったりしている・ 心配なのでバス停まで送って行ったこともある。


他にも不安で眠れないと<不眠症>を訴えたり・外出が難しくなってきた人もいる。


URでは引っ越しに関わる補償料として15万5千円支払うので関与しない。
困窮している人にも一切聞く耳を持たない。


犠牲者が出てくれば・間接的には・殺人犯になるんではないか? 
理事長以下トップに、問いてみたい。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。