⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<夜桜見物!>



昼間は将棋を指したり・談笑で人が集まる商店街広場の通称<桜の木の下ベンチ>・・


21時・閉店間際のスーパーから出て来たが人影がない・・


昼間の暖かさとは違い・夜風は冷たい・花弁が散っている・・


一人で独占して<花見?>をしていたら・・風邪をひきそう・・早々に・帰宅した。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。