⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<神様に感謝・・>


本日77歳(喜寿)になりました。


 左眼が失明・右耳も聴こえない・内臓もガタガタ・全身傷だらけですが何とか生かされている。


 数年前までは年齢を返上したいと考えていたが・・昨年から素直に喜んで受け入れることにした。


 <神様>に逆らって天国には招待されなくても諦めるが・せめて地獄行きはご勘弁の心境になった。


 <三つ子の魂百まで>と言われますが・・気性の激しいのと負けず嫌いは修正されない。


 20代前半<胃潰瘍の手術>を繰り返し・3年間神経のバランスが崩れ・大半の記憶が喪失・30歳くらいまでの命と覚悟していたが・・


25歳で結婚してから段々丈夫になり・数々の手術を乗り越え・本日に至った。


 典型的な<仕事バカ>・酒席でも仕事の話しばかり・酒とオンナが大好き・・


TVもニュースと天気予報があればいい・・芸能人の楽屋話し等はバカバカしくて見ていられない。


 人様の結婚・離婚・不倫・・自分に関係ない話題には興味ない・・TVや週刊誌等の報道に踊ろされる人の心理が分からない・・


同業者が敬遠するような交渉業務を、損得抜きに請け負ってきたのが、大きな財産になり引き出しが増えた。


 超生意気の20代から、不思議なことだが・業界のトップや市町村長に可愛がってもらって育ったので・どこへ行っても気後れしない・・


自分では<誇り高き地上げ家(交渉家)と自負していたが・・いつの間にか世間では
<マムシの権六・鬼軍曹>と揶揄されるようになった。


 今朝長女から<お祝い>を貰った。 先ほど電話もくれた・・唯一の勲章です。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。