⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<ぼったくりゲームセンター>

昨日からTVや新聞で報道されている<ぼったくりゲーセン社長らに詐欺容疑>・・


<クレーン型ゲーム>で景品が取れないように設定して客から料金をだまし取ったとして、大阪府警は23日、大阪・ミナミや京都市でゲームセンターを運営する会社の社長と従業員ら男女6人を詐欺容疑で逮捕し、発表した。


 思い出したのは小生が小学校3年生の時にお祭りで、円板上を回る針が、正面に止まると景品がもらえるゲームに挑戦した。


 練習ではぴたっと止まる・・本番ではわずかにずれて・・お兄ちゃん残念賞・次から次に子供や大人たちが挑戦してもあと少しでほとんど全滅・・


一人の大人が挑戦すると<おめでとう>・・やはリ大人は凄いなと感心した・・


一回りして現場に戻って・そっと後方に回って、小父さんおの足元をのぞいた・・ピアノのペタルらしきものが見えた・・


先ほどゲットした大人に<こら、坊主何しとる>と怒鳴られて逃げて帰った。


 帰宅後父親に話すと・・それは<デンスケ博打>だから近寄ってはいけない・殴られなくてよかった。


 ペタルを操作して止めるので自由自在に止まる仕掛けだったらしい・・


 ゲットした大人は仲間でそういう人を<サクラ>というんだと教えられた。


 検索してみると・・
<伝介賭博>とは、街頭で行う詐欺賭博の一種で円板上を回る針が止まる所を予想して賭(か)けるもの。
 昭和10年年・宇都宮競馬場外で<刑事・増田伝助>がこれを見破り検挙したところからの名称という。


 移動できる台を使って,てきやが行う街頭賭博のこと。
タバコの空箱3個を並べて印のあるものをあてるモヤガエシ,ガラス張りの台のなかの針のさす場所をあてる<ドッコイドッコイ>・紙を丸めた小さな玉を使う<モミダマ>など各種ある。


いずれもしかけがあるか、仲間のさくらを使う<いかさま>で,客には<やらずぶったくり>といって賭金をとらせない。


お兄さん<きれいな娘>がいますよ・・ドリンクもサービスしますよ・・客引きの甘言に釣らtれて引っ張りこまれ・・みぐるみ剥がされた<ぼったくりバー>も、同じ類です。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。