⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<勘違いの忘年会>

昨日は10時から、今年最後の<吹き矢>に参加・初心者の小生はは相変わらず成績不良でした。


 左眼の視力が、ほとんどないので右眼が頼り・・中心の的を目標に吹くがどうしても右側に集中してしまうので点数が上がらない・・


不思議なもので・多少左側に中心を移すと場外(ゼロ点)になる・・


夕方から<吹き矢グループの忘年会>で遠方の人気の<すし店>に、向かう・・男性2名~女性7名・・


自治会の同僚の役員が運転手の車に便乗・・今晩は飲まないのかな?


 変な予感が当たって<お酒抜きの食事会>・・世話役が割引券があるので<寿司屋>を強調していたが?


 普段禁酒中?なので・・冷えたビールを期待して行ったのがまずかった・


皆・同年輩なので会話も通jじるし・団地の今後も話ができたのが慰めだった・


帰宅途中・スーパーで<果物ジュース?%>を、仕込んで要求を満たした・・


今朝ジュースの空き缶をよく見たら・・ほろ酔い?と記されていた。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。