⁂館ヶ丘団地・職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<マラソン大会>



12月3日(日)団地内で子供たちのマラソン大会が開催される。


 昭和60年で子供たちが卒業したので・・以後応援する機会もなかった。


 昨日知人が・孫が走るから応援に出る・・羨ましいな<がんばれ・・>と叫びたい。


 小生は短距離は得意だったが・長距離は全くダメだったので・子どもたちに<秘訣・伝言>で、アドバイスしていた。


 先ほどのTVで<青山学院陸上部・原監督夫婦>と学生寮の選手たちが映っていた。


 最近指導者として注目されて、TVや講演等の機会が多いので<独得の指導法>の話を耳にする。


 選手の自主性も尊重し・体調の管理・練習計画等・・卒業後に選手達は<サラリーマン>になるので社会人として通用するように指導されてるそうだ・・


中卒・高卒の若者が・・プロになり・・短期間で解雇・・犯罪者になったケースが度々報道される。


 球団(チーム)で、報酬の半分くらいを金融機関に預けて・退職金として支払う・・無駄使いや・・よからぬ誘惑からも注意できるのでは?


 長い人生では・長距離が得意の耐久力・忍耐力のある人が成功するようだ。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。