⁂館ヶ丘団地・職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<どんぐりころころ・・>

 
 

<アスレチック道路>のあちらこちらで、どんぐりが散らばっていた。


 幼い頃・・どんぐりコロコロ・どんぐりこ・・ 違う <どんぶりこ>で論争になった。


どちらに付いたか忘れたが・・


先生が・・おいけに はまって さあたいへん・・どんぐりが転がって・池に落ちたので・・<どんぶりこ>が正しいの・・


(1) .どんぐりころころ ドンブリコ
 お池にはまって さあ大変
どじょうが出て来て 今日は
坊ちゃん一緒に 遊びましょう


(2) .どんぐりころころ よろこんで
 しばらく一緒に 遊んだが
 やっぱりお山が 恋しいと
泣いてはどじょうを 困らせた


無意識に・唱歌や動揺はすぐに出てくる・・高齢者共通の現象らしい・・


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。