⁂館ヶ丘団地・職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<父親の誕生日>

父親は明治36年10月21日生まれです・・


昭和31年5月11日に52歳で亡くなり・・小生は15歳で戸主になりました


20歳頃<満鉄>に勤務していたころに結核になり・長期に入院したらしく・・病弱で、週に2日ぐらいはゴロゴロしていた・・


振り返ってみると<神経質で臆病>は病弱の影響だったらしい・幼い小生を徹底的に鍛えたのは・<己の寿命>を承知していたようだ・・


青山の青南小学校では、伯父と父親は稀代の優等生と言われていたようだ・・


小学校6年生の時に父親の急死で<一中・一校・帝国大学>のコースに、進めなかったのが無念だったようだ。


本人は一言も口にしたことはなかったが?親族には小生兄弟が・・その器でないのに・がっかりしていたらしく愚痴をこぼしたことがあったようだ。・


<鳶が鷹を生む>という格言がありますが、親を上回ることは難しい・・


残念ながら小生兄弟は<劣等遺伝>で、期待には応えていない。


 *  <小生の負け惜しみ持論では・・>
 父1 X 母1 = 小生1 ですが・・父0.9  X 母0.9 = 小生0.81      計算上では親以上になるのはは難しい。  
 
手帳を拡げると<泰通114歳>と記入している・・


今日まで頑張れば<長寿日本一>になれたのに・・TVやマスコミのインタビューも殺到したはずですが・・




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。