⁂館ヶ丘団地・職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<小沢一郎さんに聞いた>


小生は、子供の事から<政治>に興味があり、バカヤロー解散~貧乏人は麦を喰え・・


贔屓?にしているのは<何が何でも・角栄さん>~秘蔵っ子の小沢一郎さん・・
世の中は、綺麗事を、多く並べてみても始まらない・批判があっても<清濁併せ吞む>>と考えている・・度が過ぎるのは勿論困る。


HPでニュースを眺めていたら・・
*  小沢一郎さんに聞いてみた <野党って何ですか?~政界再編は?>
 答・・ 野党とは?<いつでも、政権を担当し得る政党>


 *  野党とは何でしょうか?
 答  政権をとっている与党が国民の期待に反する行動をとったり、権力を乱用したり、腐敗が起きたり、そういう時にいつでも、与党に代わって、国民の支持の下に、政権を担当し得る政党が野党です。


 *  政界再編は?
 答  もちろんあります。 なければ日本の将来はない。
 政権交代ができないのは民主主義じゃない、ということだ。
 政権交代ができて初めて民主主義が機能する。要するに、政権党に対して、野党がチェック機能を果たす。
それによって、緊張した政治を実現する。与党がいい加減なことをやれば、国民がすぐに政権を代えることができる仕組みが必要だ。


 *  今は少数野党にいますが、つらいと思うことはないですか。
 答 「そんなことはつらくない。
 政権交代をできるグループがいまだにいないということが非常に悲しい。
これを作り上げるまで全力でがんばる。


 *  1990年代の政界再編。その真ん中に小沢さんはいました。今後の見通しは。
 答  それは分からない。  神様でないと分からない


*  非自民」勢力のあるべき姿とは何か。
 答  四つも五つもあったのでは、受け皿とは国民は見なさない。


 *  次の衆院選に向けて、野党共闘の枠組みには共産党も入っています。
 答  確固たる野党共闘こそが、政権交代の近道だ。共産党はこちらと一緒になろうなんて思っていないし、こっちも思っていない。ただ、今の政権よりもマシな、国民の生活に目を向けた政権をつくらなきゃならない、という点では一致している 


 25日に<オリーブの木構想>を投稿したが・・
昨日から、民進党の前原代表が方向転換?<希望の党>と合流?


ブログを、綴っていたら・テロップで・・
前原代表・<希望の党>との合流を表明・・
反対組はどうするのだろうか? <希望の党のバス>に乗り遅れては・・


空気が読めない<安倍首相>の身勝手な行動に、議員~候補予定者~全国民が混乱に巻き込まれた。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。