<館ヶ丘団地・職人の戯言>

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<社会人の読書術>


籍名~  知的社会人1年目の本の読み方
 著者~    山口 謠司 さん~
 発行所~


 山口さんの自己紹介を見てたまげた・・信じられないような凄い人がいるものだ・・
■読書量25万3200冊。

ケンブリッジ大学、フランス国立社会科学高等研究院で磨き、
 文献学者として完成させた“ムダにならない読書"■


山口さんは、文献学者であり、文章や言語を扱う学問を専門としており、常に本と接しながら仕事を進めています。


こういった背景から読書家となりました。
● 奉職する大学の書庫にある7万冊の本・・
● 約10年間の海外の大学での研究中に、ヨーロッパ中の図書館を渡り歩いて7万冊。
● ほかにも、7万冊の本を読んで、目録をつくっています。
また、1日に3、4冊は必ず本を買って読んだり、図書館に行って読むという生活を約30年続けている。
そう考えれば、25万320冊を読んでいます。


 * 前書きから・・
私は評価される社会人とは<知的社会人>ち考えています。
 <知性~教養~創造力>を兼ねそえた社会人・それが<知的社会人>です。
この三つの要素を持つ人は、貴重な存在であり、品格も醸し出します。、


 * 読書の基本は<本物の知識を身につけること>・・
* 本の情報を知識に変え、深掘りし、自由自在に使いこなせるようになることです



社会人としての評価を下される基準とは、なんなのか−−。
 新人からベテランまで「社会人としてのレベルが低い」
とは思われたくないはずです。


 自分の評価を下げてしまえば、
やりたい仕事ができなかったり、人間関係が築けなかったり、
ムダな努力をする機会が増えたり、経済的に満足できなかったり、
 軽く扱われたり…と不本意な生活を送ることになります。



 最近の小生は・・残念ながら後期高齢者になり~左眼が失明・・読書もままならなくなりつつあります。


 乱読で週1刊に10冊のペースが、3日に1冊・・それもまともに読み終えられない・・
読む力が急激に退化したので・・連動して文書もまともに書けなくなった・・<漢字>が正確に書けない・・


社会人1年生だけではなく・・全ての年代に通じる<読書術>が解説されている。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。