<館ヶ丘団地・職人の戯言>

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<きけ わだつみの声>



<わだつみ>は戦没学生をあらわす普通名詞のように使われる。
 <わたつみ(わだつみ)>は海神を意味する日本の古語である。


 15日・北集会所で、昨年い続き<戦争の話しを聴こう>が開かれた。
 団地在住の80代の先輩が講師で貴重な話を聴いた。


 小生は終戦時、4歳8ヶ月の幼児で会津若松市に疎開していたので記憶はない。
 母親の実家の会津では、叔父(弟)がガダルカナルで戦死・・隣家から養子に来た叔父も戦地から戻ってきたが病死・・
<戦争の話>はタブーで身内からは、ほとんど聞いたことがない・・


元記者の方の話しで目が覚めた・・
<特攻隊の青年の手記>から 父上~母上・・お国のために行ってきます・・


小生のまた従兄弟は<神風特攻隊第1号・市島のお兄さん>
昭和30年代後半? 新聞に手記が掲載されびっくりした・・父親を15歳で亡くした後市島の伯母さんご夫婦に大変お世話になっていた。


すぐに伯母さんに連絡すると・・隠していたわけではないからごめんなさい・・人に話をすると辛くなるから黙っていた・・
会津の叔母や市島の伯母も・・悲しみを抱えていたのかと感じてせつなかった・・


毎日のように世界のどこかで<戦争>の情報が報道される・・
 アメリカと北朝鮮で・・牽制合戦・・
<ミサイル?>西日本上空通過に備えて準備・・


安倍首相他の大臣~官僚では戦争体験者がいない・・戦争を知らないから<海外派遣>呑気なことを平気で語っている・・恐ろしい軍団だ・・


帰宅してから考えると・伯母さん夫婦はお兄さんからの手紙<新聞社>に見せたから名前が出たのだな・・
頼まれて報道に協力したらしいが辛かったのでは・・


 いろいろ考えているうちに<走馬灯>のように50年位前からの記憶が蘇って来る・・
 あれもこれも・・15歳で戸主になってから・・ずっと闘いの連続で・・
涙がにじんできて終わり・これ以上書けない・・



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。