⁂館ヶ丘団地・職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<地盤は大丈夫なのかな・・>



 昨年の熊本大震災以降・・連日・・日本全国が揺れている


首都圏でも近未来に<直下型地震>が予想され心配しています。


 小生の居住する館ヶ丘団地は高台に位置するので水害の心配はない。


 平成28年6月29日に更新された市役所の情報を見ると
*  指定緊急避難場所(広域避難場所)
 大地震が発生したときに発生する延焼火災や有毒ガスなどの危険から身を守るための場所です。 大規模公園や大学のキャンパスなどを指定しています。
 館ヶ丘では、近隣の<拓殖大学>・・


* 指定緊急避難場所 (一時避難場所)
• 市立の全小学校・中学校 ~ 館小中学校(本校・中学校)・・高尾山学園の校庭
• 市内の全都立高校 ~ 翔陽高校の校庭


 * 指定緊急避難場所(指定避難所・避難所 )
• 市立の全小学校・中学校 ~ 館小中学校(本校・中学校)・・高尾山学園の体育館


いずれの場所も自宅から近いので問題はないが心配なのは・・大地震で自宅の建物の損傷です。


 11階建ての高層棟は、先年大規模な<耐震工事>が完了して何の心配もなさそうだが、5階建ての建物は懸念される・・


竣工した昭和50年ごろは資材不足で<生コンの強度>が懸念される・・
当時相模湖に居住していた小生宅の空き地をダンプの駐車場に貸していた・・


運転手が<相模川の川砂>が不足で、遠方から<海砂>を運んでいる・・時間もかかりガソリン代にもならないとぼやいていた・・
海砂は塩分も含まれているので現場の人も<大丈夫かな>と心配していたそうだ・・


最近知人と話をしていたら<住宅公団>でも周知していたよ・・耐久性は今一でも50年くらいで建て替えと認識していたらしい・・


小生は昭和33年測量の1/3000の地形図を所有している・・
気になることがあったので拡大して現況の1/2500と比べてみた・・


想像はしていたがたまげた・・
敷地造成前は、<山あり・谷ありの>全体が南傾の小高い丘だった。


 大量の土砂を搬出・・地域内でも大規模に移動・・場所によっては40m以上埋めた場所もある・・


<避難場所>に指定された学校・・不動沈下や陥没の心配はないのかなと不安になった・・避難しない方が安全なのか疑心暗鬼になる。


 2街区の高層住宅2棟が<耐震不足?>で、改修工事が計画されているようだが<地盤>は、大丈夫なのかな?


 地図を丁寧に眺めていると・・自宅至近の場所でも懸念される建物が2棟ある・・


隣の3街区では、懸念される?4棟がある・・


造成工事~建築に着した当時に調査した<ボーリングの調査結果~コンクリートの強度結果>等確認しないとまずいな・・


知人があなたの家は,1階でないから大丈夫だよ・・万が一つぶれても2階だから・・
逃げ出すにもたやすいから・・


<悪い冗談>にならないよう祈ります。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。