⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<得意澹燃~失意泰然>



著者~   坂東真理子  さん                                          
著書~  < 時は移り~時は実る> より抜粋・・NO2


<とくいたんぜん~しついたいぜん>   
得意の時、うまくいったときは舞い上がらず、できるだけ冷静な態度を保つ。


心の中で喜んでいてもあまり有頂天にならないようにする方が、職場でも信頼され、多くの人たちからは尊敬されます。


逆に失意のときも沈み込んでしまうのではなく、たとえカラ元気でも大きい声を出し、機嫌良くほほえみを浮かべるように努力しましょう。


それによって自分自身もはげまされます。


外見を取り繕うことをバカにしてはいけません。


人生は一時期の成功不成功で図ることはできない、また自分はどんなつらいことでも乗り越えてきたんだ、というものを、持つのが人生後半期を <ゆとりと品格>を持って生きる上で不可欠ではないでしょうか。


そうした自分なりの哲学をもてるようになることが年を重ねた醍醐味です。


<腕力>を武器に、何時も <強行突破の猪武者の小生>も、最近は<坂東真理子さん>の言葉が若干理解できる <古狸>に変身しました。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。