<職人の戯言>

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<説明会が開催・・>



昨年6月から何度も要望していた<新館清掃工場>の説明会が開催されます。
 小生が<市長と語る>で提案した<コンパクトな銭湯>を、中心に協議・討論が期待されます。
隣接の大学の学生たち並びに団地の老若男女が、注目しています。


 一度建設すると30年余・変更は難しいので着工前に、悔いのない結論を出したいと考えています。
 昨年から住民と協議した事項を、整理してみました。


 <館清掃工場の建て替えに伴う銭湯設置について> 
 平成28年8月13日(土)16時~ <コーヒー片手に語ろう会>から抜粋
 *  <主な発言内容>  
●  市長と語るでの発言
●  運営協議会との取り組み方
●  フロッピーや高尾の湯もある


●  若い人には歓迎される施設
●  高齢者の無料入浴券ができればよい
●  市内では利用できる銭湯が遠い


●  現在は東浅川保健福祉センターなら無料で入浴できるが交通手段が不便
●  自宅風呂で手間暇がかかるので利用したい
●  団地から利用の場合・交通手段が必要では・・


●  館ヶ丘団地バス停奥から降りる階段を整備すれば解決する
●  市は<売電>というが、<銭湯>ではなくもっと大規模な施設を提案した方が良いのでは
●  <北野あったかホール>が、閉鎖したら、その分の利用者が回って来る
●  若い層に受ける入浴施設であれば、団地に若年層の入居を促進できるのでURにも働き かけて協力してもらったらどうか


●  市の予算を確保できるのか? 建て替えの予算(160億)からすれば微々たるもの
●  市を動かすには市民運動が必要
●  まずは会報に連載することが大事では
●  来月をメドの説明会を期待しているが、それがだめなら次の方策が必要


 *  <当日出席者以外の住民の声>  
●  表現は悪いが<清掃工場>は、迷惑施設ですので隣接地の住民の要望を考慮してほしい
●  建て替えは、建物の新設なので・民間のマンション等の建て替えと同様で計画開始の時期から近隣説明がないのはおかしい
●  館ヶ丘は賃貸住宅なので、他の町会と違ってメリットのある施設が要求できないので<温浴施設>は、是が非でも実現


●  ゴミ収集車が走っているので<解体・建て替え>を知らなかった
●  市からのPR不足で各所帯に通知してもらわないと住民の理解が得られない
●  団地自治会の加入所帯は20%強で大半の所帯には実情が届かない   
●  <運営協議会>の存在も知らなかったので・活動状況や誰が委員だか分からない
●  あったかホール程度の施設はできないか


●  職員用のシャワーや風呂を廃止して職員も<銭湯>を利用すれば良いのでは
●  電源が不安定ならボイラーで、補助すれば解決する
●  東浅川の健康センターでは、温水プールやお風呂もボイラーで、給湯している


●  戸吹湯ったり館ほど豪華でなくても良いので廉価で利用できる施設を望む
●  災害時には被災者から<お風呂>が、歓迎されています
●  高齢者は、シャワー利用は苦手でゆっくりお風呂につかりたい


●  見学施設が大きすぎる・一度に150名も来たら騒々しく来館者とトラブルになる
●  高尾山から回遊してくる外国人団体客との関係でも50人程度に抑えた方が混乱しない  
●  見学施設の説明等は、30年同一では難しいのでは・少人数で良いのでは



<河川改修工事>

 <T字路から改修部分・・>


  <未改修部分100m>

 <仕上げ工事で完了>

 <道路が拡がりすれ違いが可能>

  <前回工事で施行済み部分>

   <大型車も通行可能になった>

   <津雄応戦は平面交差>

      <東京駅まで53km>
 
2008年8月28日・・高尾地区では、史上最高(70代の方が初めての体験)の豪雨で、河川の氾濫の影響で高尾駅構内が水没・・中央線が運休した・・


並行して走る京王高尾線も法面崩れにより・脱線、運休・


以後河川改修が少しずつ進んでいます。
 
線路を挟んだ地域は数年前に完了~踏切も広くなり・・大型車も通行可能になった。


 久しぶりに通りかかると浅川中学校前から北方向の部分の改修工事が、最終段階・・


 すれ違いが難しった道路も、河川の地下化で広くなり・すれ違いが可能になっていた。

<老後の心配>

書籍名~ <定年男子 定年女子>・・45歳から始める「金持ち老後」入門!
著者~   大江 英樹 さん~ 経済コラムニスト


 大江さんの話がよくわかります。  企業や役所等に勤務されている現役の方は、特に注意が必要です。
  
 老後に一番怖いのは<孤独>になることです。


 俗に老後の三大不安と言われるのは<健康~お金~孤独>です。


この中で圧倒的に深刻な問題なのが、<孤独>だということが定年後に身に染みました。


 健康やお金が大事だということは誰でもすぐにわかります。


ところが現役時代は、毎日会社に行ってますから<孤独>に陥ることはないのです。


そのため<健康やお金>に対して気をつけている人は多くても<孤独>を、恐れて準備している人はいません。


その分余計に、退職した後に<孤独感>に襲われ憂鬱な退職後の人生をおくらざるをえないということになりかねないのです。


それを防ぐためには、できれば40代遅くても50代に入ったらそのための準備を始めた方がいいと思います。


 今日<行く>ところがあるか~今日<用>があるか・・


言い換えれば自分の<居場所>があるかないかが、幸せな老後がおくれるかどうかの決定的な違いになってくるのです。


 小生は友人たちから何度も<ゴルフ>を、勧められたが断っていた・引退後は遊んでもらえないよ・・


年中同じメンバーで行動するのは<真っ平ゴメン>・一人でも平気で孤独感はない・


50年余り・初対面の顧客と数々の交渉をしてきたので・・老若男女誰とでも抵抗感が少ない~フラットに話ができる


 いきなり、見知らぬ集団にぶち込まれても・あまり違和感を感じなく溶け込める・・


家族の評価は<単細胞>だからでしょう・・自分でも正解と理解している。


 小生が一番身に染みているのは<お金>です・生涯現役の予定でしたが、現在体調不良で休職中・・


僅かの<年金>だけでは・小遣いも出ない・遊びにも行けない・歌の文句ではないが
<暇はあるが金がない>


<予算が足りない?>





団地内の主要道路の補修が行われています。


 交番前の部分は全面補修が終了して綺麗に舗装されました・・


現在施行中の外周道路部分は・・URの説明で・・予算不足で内側(バスの通行部分)だけ改修するそうです・・


見積もりが合わなかったのか・原因は分からないが・・不可解なことをするものだ・・


<団地応援隊・NO15~あじさい弁当>

  <今日の昼食>300円寄付

 <厚焼き玉子~カボチャ~ピーマン他>




<あぢさゐの  花芽ふくらむ  雨あがり>


 今月も<応援隊の弁当>を、いただきました・・


午後は<早稲田大学の学生と>交流会がありました・・


* 団地の皆さんと話しましょう・・みんなで食事をしながら日頃団地応援隊や農園ボランティア等地域で活動されている方を中心に


小生の孫世代の学生さん達・・我が家は外孫なので・通常は、会話が不可能です。


 自分の同世代の頃とは環境も大幅に変わったので・・驚きも随所にありました・・


* 思い出の場所を教えて下さい・実際にその場所を歩いて場所の記憶を探ってみる・・


一人の男子学生と同行、北館バス停に降りる<階段のフェンス>を、案内しました・・
 どうして瞬時に気がついたのか?・柱が2本設置された状態で・遠くから何故<高さ>を確認できたのか・・ 


 作業員の身長から割り出した・早速1.5mのフェンスの前に立つ小生を撮影していた。