<館ヶ丘~職人の戯言>

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<奨学金を返せない>



書籍名~  奨学金が日本を滅ぼす
著者~    大内裕和 さん~中京大教授・・奨学金研究の第一人者
 発行所~  朝日新聞


いまや大学生の半数以上が奨学金を借りている。
 多い人は600万円もの借金を抱え、卒業後に返済で困窮する。
 授業料が高く親世代の収入が減ったため、
 子世代は奨学金とバイトが頼みの綱。


 * <無理せずに高卒で働けばいい?>  
 ● 多くの専門職(<保育士他>で、短大・大卒が資格条件になった
● 生涯年金を考えると<大学卒と高卒>では、大きな所得差が、出てくる。


 日本では<駅弁大学>と揶揄されてから半世紀・・定員にも満たない大学も多い・・卒業認定は国家試験ではないので<中学校卒業程度>レベルの若者が沢山いる。


 以前のように<中学卒業~高校卒業>で専門職に進むのがベターではないだろうか・・
目的もなく上級の学校に進学するより・・社会人を経験して本気で勉強する意欲が湧いてきてから進学しても遅くはない・・


小生は15の春にトラぶって・・誰よりも早く大人の社会に入り・・父親年代の方々に鍛えられたので同期の友人たちより20年位先を経験しているので<怖いものなし>と自負している愚か者ですが・・


仲間たちは、お前さんはいくつになっても<暴れ馬・・猪武者の田舎侍>と評している。
 <知恵>は、ないが<経験>と言う武器は・たまには役立つこともあるらしく・・時どき連絡が入る・・


昔は大学の授業は、さぼり<代ヘン>・・1日中マージャン・・テストはカンニング・・卒業した豪傑の話しを聞いたが・・
昨今は・就職はしたくない・・勉強も今一・・時間つぶしに通学している学生も多いらしい・・
我が家の周辺も大学に囲まれていますが・・通学風景をみていると学校に行くのか遊びに行くのか分からない格好をしているものも多く見受けられる。


 <奨学金>を利用するのなら・・真剣に学ばないと損ではないだろうか・・


<商社マンのイロハ>

書籍名~ 商社マンの<お仕事 と 正体」がよ~くわかる本
 著者~   秋山 /謙一郎 さん~ジャーナリスト。
 発行所~ 秀和システム


商社マンの仕事とは、モノをつくる人とモノを欲しがる人の間に立って両者を繋ぐことです。


 最初に、七大商社の特徴が説明されている・・
* <体育会系?>で・・とにかくアツい
* おっとりした社風・・洗練されたソツのない腰の低さ
* チャレンジ精神旺盛・・若手でも。みな活気がある


各社を通じてOB~OGは、慶応・東大卒業が多い・・


<商社マンの言葉から>
● 商社に相談してもらえれば、なんでもほしいものは揃う。 そう思って貰っていい。
ありとあらうる顧客のニーズに応えられる存在・それが商社の存在意義だから。


● ビジネスの場の<ドラえもん>のような存在が商社。  顧客が<こんなものが欲しいのだけど>と言われれば、そのニーズを汲んで。顧客が求める以上の何かを取り出す。


 * 商社で生き残るには?言われる前に仕事を片付ける・・
考えながら動け! 動いたら結果を出せ!
 実際商社で働く人は、ゆっくり考える・・ということはしない。


 小生の考え方とピッタリ・・ビジネスの世界では・・早い者勝ち・・
難しい案件や囲っている案件は例外ですが・・


最近の風潮なのか?若年層だけではなく年配者まで・・のんびりムードが蔓延している。
 中国を筆頭に新興国のパワーに対抗するのには<スピード>が必要です。


 <果報は寝て待て~棚からぼたもち>は、昔話です。


●  商社マンに求められる素質は?
●  厳しいといわれる商社の面接対策は?
●  商社で伸びるのはどんなヒト?
●  商社マンの懐具合は?
●  商社でも理系のヒトは活躍してるの?
●  商社マンの一日のスケジュールは?
●  商社マンの初任給は?
●  商社マンはモテる!?知っていそうで知らない


懇切丁寧に説明されていますが・・大学の入試試験と違って<入社試験>は、本書で知識をマスターしても・・あまり役に立ちそうもなない。


 <コピーの知識>は、面接のプロから見れば<赤子の手をひねる>程度です。
 多くの先輩に出会って多くの体験の積み重ねが重要です。







<私はケチなのでしょうか>


書籍名~ 悩みいろいろ・・人生に効く物語50
 著者~   金子 勝さん~ 慶応義塾大学経済大学教授・経済学者
 発行所~ 岩波新書


この書籍は朝日新聞・<悩みのるつぼ>に掲載された人生相談を、まとめています。


TV等で拝見する金子教授は、<歯に衣を着せぬ>発言が目立つ経済学者です。
 全ての相談に<小説・童話・落語他>から回答しています。


A・・  40代専業主婦・・贈り物のお返しにも礼儀についての悩みです・・


同級生のお母さんが出産したので、娘2人が使用した<ベビーカーと可動イス>をあげました。
その後お会いするとお礼を言ってくれますが、ご主人は知らん顔だったのでやや違和感をいただきました。


お礼に彼女の出身地方の蔵で造られたしょう油1本と梨を2玉差し出されました。
 私は,彼女の<このくらいのお礼でいいだろう>と言う心根が不愉快です。


 減価償却しているとはいえ、それぞれ数万円しました。
 私は考えすぎか・・ケチなのでしょうか。


A・(金子教授)・・ <桃太郎>ではなく<金太郎>のように


<桃太郎の話>では、たまたま出会った<犬・猿・キジ>は、キビ団子をもらう代わりに<桃太郎>の家来になり鬼が島の鬼退治を、手伝います。
そして最後は宝物を、手に入れます。


 <金太郎の話>では、森の遊び仲間の動物たちは、見返りを求めません。
 <金太郎>は橋が壊れると木を倒して橋をかけてあげます。
 <金太郎>はやがて<坂田金時>という侍になり鬼退治して都を守ります。


この話に出てくるのは<贈与>です。
 <ベビーカーや可動イス>を、中古品して売ればお金を得られますが、いつ売れるかわかりません。
 捨てるとなると<粗大ごみ>でお金を払う必要があります。
いずれにしても面倒です。


 単純に<あげた>と思えばお礼の品物の価値を気にする必要もなく気分が楽になるのではないでしょうか。


 小生から一言・・あなたは<ケチ>です・・不用品を喜んでもらってくれたのだから・・あなたの方からお礼をしても良いのでは??



<トルコに行きますか?>


書籍名~  <裁判の非情と人情>
 著者~    原田 國男 さん~ 東京高等裁判所部総括判事を定年退官.現在は、慶應義塾大学大学院法務研究科客員教授,弁護士(第一東京弁護士会所属).
 発行所~   岩波新書


 裏表紙から・・
裁かれるのも<人>なら、裁くのも<人>のはず
私たちにとって裁判と裁判官はいまだ遠い存在だ。
 有罪率99%といわれる日本の刑事裁判で、20件以上の無罪判決を言い渡した元東京高裁判事が、思わず笑いを誘う法廷での一コマもまじえながら、裁判員制度、冤罪、死刑などをめぐり、裁判官の知られざる仕事と胸のうちを綴っている。


 自身の経験から控訴審で出した無罪判決については、真っ白だと思ったケースは少なく、多くは灰色無罪だったというので、驚かされる。


 退官して弁護士になってからは、人質司法(被疑者の長期勾留)の問題を痛感し、裁判官時代にはこれが分かっていなかったと反省している。


 良い裁判官には弁護士経験が貴重で、法曹一元が望ましいとか、取り調べの全面可視化や証拠開示の徹底が必要であるなど、最高裁や法務省より踏み込んだ考えも述べている。


 * 三大愚問に答える・・
新聞社研修の時に記者から聞かれる<三大愚問>があった。
● 裁判官は、赤提灯に行きますか・・
● 裁判官は、賭けマージャンを、しますか・・
● 裁判官は、<トルコ>に行きますか・・
今の人には<トルコ>は通じないであろう。


このことで私は大失敗がある・
 アメリカに、」調査・研修に行っている時に寄宿していた国際学生会館には、<トルコ>の人が多数おり・・ご存知のように大変な親日家ばかりなのに、つい口が滑って、日本には<トルコ>が沢山あります。と言ってしまった。


そうしたら皆喜んで、日本に行ったら是非行きたいと言い出したのである。
つくづく我が身を<バカ>だと嘆いた。



 私はマスコミの取材になるべく応じるようにしているのも・・裁判官はしょせん社会経験が乏しい。
よく学生に、裁判官が関わらない<人生の三大運動>は、何かと聞く。


 <労働運動~学生運動~選挙運動>である。
いずれもそれに関する<民事・刑事の事件>を、扱うがその経験緒ないのが普通である。
 裁判官の経験不足を補うという意味でも<裁判員裁判>は、有益である。


ユーモアを交えて数々の経験談が綴られていますが・・著名で人気のあった方のようですが謙虚さが伝わってきます。



<逢うが別れのはじめとは・・>


 <近江俊郎~井上ひろし>の、大ヒット曲<別れの磯千鳥>・知らぬ私じゃないけれど


人と人とは出会いが逢って・種々の事情で別れを体験する・・


数日前に懇意の知人から、移動の話を聴いた・・大ショックだったが、昇格して統括になられるそうで時々応援に来られるとのこと・・


後継の方と連携して地域の一体化に協力したいと考えている・・


午前中・別の知人から事業所の変更を知らされた・・二重のショックです・・


 お二人とも・・住民の間でも人気があり・抜群の行動力・・後任の方々の力量はは存じませんが、比較されると可哀そうです。


 突然のことで想像もしていなかったので<両腕~両足>を、もがれた心境です。


 体調も限界・・左眼は完全にパンク・・絶体絶命のピンチで・・小細工も不可能・・


昼に入院して・異常がなければ・明日手術(線椎柱帯切除)をすることにした。

DRの忠告(休養も必要)を、受け入れてしばらく休むことにした。


丁度・役所や団体等でも今月は人事交代の時期で、業務も一休み


1週間から10日の入院と通告されたので・・朝一番で来週末までの予定を取り消した。


 暇つぶしに何をするか・・小生のパソコンは、病院内では使用できそうもない・・本も読めそうもない・・携帯ラジオでも持って行くか・・


知人が病院内ではWiFiが使用可能で、ノートは使えるよ・・と教えてくれたがどうやって接続するの・・ランは内蔵しているの・・さっぱり分からない・・
 荷物になるのであきらめた・・


 .逢うが別れの始めとは    知らぬ私じゃないけれど 
  切なく残るこの想い    知っているのは 磯千鳥


  泣いてくれるなそよ風よ  望み抱いたあの人に 
  晴れの笑顔がなぜ哀し   沖のかもめの 涙声 


  希望の船よ 銅鑼の音に  いとしあなたの面影を 
  はるか彼方に消えてゆく  青い空には 黒煙