<館ヶ丘~職人の戯言>

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<研究報告書3>


A4判6枚を印刷して点検しました。 
ダブり・誤字・表現ミス・前後のつながり等の修正箇所が想像以上にありました。
始めから書き直した方が良いのかな?と迷いました。 


冷静になって考えたら最近<プロの書籍>を、大量に読破して影響でしょう。 
素人の自分が同じレベルを求めていた愚かさに気がつきました。 


大勢の人が判定するわけでもないでしょう。 


肩の力を抜いて気楽に整理することにしました。
  


<研究報告書NO2>


一日<悪戦苦闘>して<お粗末なレポート>が出来上がった。


何度も修正を重ねたが思うようにはならなかった。 


6頁約4500字になったが今一納得できない。 


これ以上続けると<発狂?>しそうなので中止しました。 


<馬鹿話?>は得意なのですが、つくづく<年齢?>を感じました。



<休肝日>


くたびれたので一杯飲んで寝ようかな・・


平日は<肝臓>を休ませる日なので冷蔵庫にビールが、ありませんでした。 


<料理酒>を飲むのはいかにも卑しいので<コーンスープ>を飲んで寝ることにします。 


<お休みなさい・また明日> 時計を見ると明日になっています・・・ 



<研究報告書>

朝一番で(財)から配達記録が届きました。



5年ごとの<コンサルタント>の更新手続きでした。  
更新要件の一つに次のいずれか一つを添付するとありました。


1・研究報告書2000字以上
2・専門教育を受講すること(1日コース¥2万円)
3・月刊誌を購読して800字以上のレポート


一日がかりで遠方まで受講に行くのは面倒(費用もかかる)なので、<報告書>に決めました。  



自前の資料等を取り出し<字数>を数えてみると<2000字>とはかなりの量になりそうです。  


<編集><完成具合?>等を考えると以外に<てま>がかかりそうです。       講演会や会合で<にわか講師>をして、<時間つぶし>に話をすることには慣れています
<文章>にするのは難しいですね・・・




#ビジネス #不動産コンサルタント
2008-09-22 09:45 |
コメント(3) |
コメントを書く |
固定リンク



<痴呆症の人>


私は週に3日位至近の集会場の談話室を利用して読書・資料の整理等(暇つぶし)をしています。 


管理事務所の清掃が月一なのでかなり汚れていることがあります。 
自分が利用する日は玄関周り・外部のテラス他を清掃しています。 


晩秋から頃には冬場は45Lの袋が一杯になるほど落ち葉が集まります。 
日差しの強い夏は汗だくになります。 


運動を兼ねての掃除ですので何の抵抗も無く人様に強要すことも無いです。 <何時も綺麗にしてもらって・・>


<何時もご苦労さんです・・>等と声がかかり簡単の挨拶をする人が何人まいます。
今朝も掃除をしていたら<老人会>に来た族から罵声を浴びました。


<あてつけがましいね・・><URの清掃人にやらせれば> 馬鹿馬鹿しいので聞こえぬ振りをしていたら<煙草の吸殻>を、投げつけ、集めていたごみを蹴飛ばして行った。  


暫らくしたら<世話人>が飛んできて<申し訳ない・あの人達は少し認知症が始まっているんで>  



間もなく私も<悪たれ>をつく仲間になるのかな? 複雑な気持ちになりました。













<AIGの広告>