⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<企業の受付>


以前は、企業の受付には素敵な<おねいさん>がいて案内をしてくれた。
親しくなると名乗らなくても<T商事のMさん・おはようございます>・


最近は、無人の企業が増えて・入り口で<訪問先>に・ダイヤルするケースが多い。


午前中K社に・要望書を持参して相談行った。


5部門?に分かれていたが・訪問先が不明なので<相談室>を、選んだ。
数分すると社員が出てきて・いきなりアポイント取ってますか・


高飛車の態度・立ったまま応対する。
要望の概要を説明すると・面倒そうにT(社長)に渡します。


小生は、<要望書>を、郵送するより担当者と面談して・状況を詳しく説明してお願いする予定でしたが・


長年交渉業務をしていますが・大先輩を虫けら扱いする輩にあったのは初めてです。
会議中だったのか・虫の居所が悪かったのか・・大企業の関連会社には横暴な社員もいるみたい・呆れはてた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。