⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<低音の魅力>

以前漫談の牧伸二さんが・・
フランク永井は<低音の魅力<>・・牧伸二は<低脳の魅力>あゝやんなっちゃった・・


当時は低音ブームで<フランクさん~水原弘さん~三船浩さん>たちが活躍されていた。


小生は容姿には自信がないが、声だけは渋く響く低音?で、注目されていた。


最近は、右耳難聴・録音する機会もないので自分の声がよくわからなかった。


不得手な<カラオケ>でも・声がかすれ気味・・


たまたま<自転車タクシーの放送>で、録画をもらった・


パソコンで何度も繰り返して自声を確認したが・自認していた<低音の魅力?>は遥か彼方・・


年老いてかすれた声には自分でもがっかりした ・これではお姫様たちを口説くことは到底不可能です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。