⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<引き際の美学!>


< 引退の難しさ!> 小生が4月3日に投稿したタイトルから・・


ホンダの創業者・本田宗一郎氏とNO2の藤沢副社長が、同時に引退<最高顧問>に就任して・40代の若手グループに経営を任せた。


当時<引き際の美学>として絶賛された。


藤沢は創業25年を期に、後進が育ったことを見極め、またカリスマ社長・本田の限界を感じて、西田専務に<おれは今期 限りでやめるよ・・
本田社長にそう伝えてくれ>と言っていたのである。


本田はすぐに藤沢の意図を了解し、<要望書公開おれは藤沢武夫あって の社長だ・・
副社長がやめるなら、おれも一緒に辞めるよ>と西田に言った。


記者会見では笑顔で<前々からやめるつもりで藤沢副社長と相談していた・・
それがたまたま外遊中にバレてしまっただけだ>と語った。


10月の株主総会で二人は正式に退任した。本田65歳、藤 沢61歳。世間ではまだまだ現役で通用する年齢だった。


退任が決まった後のある会合で、本田は藤沢に言った。          


<ま あまあだな・・そうまあまあさ>と藤沢。
<幸せだった な・・本当に幸せでした>
<心からお礼を言います<・・おれも礼 を言うよ>
良い人生だったな・・これで引退の話は終わった。


辞めるといって・それを撤回したり・後継の人事に注文を付けたり、業務内容の変更に苦言を発したり・・
世間では辞めることができない人が多い。


中には、引きずり降ろされた・・嵌められた・と騒ぐ者もいる。
己の能力は自分自身では評価できない・他人様の評価を素直に受け入れるだけの度量がないと笑われる・・


小生は仕事を整理するときに、後でクレーム等の弊害がでないよう、少々手荒なことがあっても、将来のことを第一に考えて行動するので誤解されやすい。


自分は乱世の時代に乗り遅れていると意識しているが・・世の中の変化に対応が遅れる・年齢から顧みてやむを得ないが悲しく・寂しくなるときもあります。


昨今は体調不良で、DRストップがかかって1年余り・現役続行は到底不可能な状態ですが・難問を抱えているのでギリギリまで頑張るしかない。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。