⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<立ち退き漂流!>


昨晩2月1日(木)22時からのNHKテレビ<クローズアップ現代>を見た。
◎ 思いがけない退去通知 あなたも住宅を追われる!?


アパートなどの大家から思いがけない退去通知が届く人が相次いでいる。高度経済成長期を中心に建設された集合住宅が老朽化し、耐震性などの面から取り壊しが必要になっているのだ。
● 立ち退きを迫られた人たち・・中でも一人暮らしの高齢者の中には、転居先を探しても、連帯保証人がいないなどの理由から、契約を断られ続ける。


<立ち退き料>を、提示されても住宅の確保ができない・提示された期限が過ぎたが移転先が決まらないので大家に移転を待っている。


◎ 長生きしたのが悪かったのかな
◎ 悩んで首でもくくろうと思った。


10年後には、4軒に1軒が築40年以上になるとされる賃貸住宅。
今後、急増することが危惧される、立ち退きによる漂流の実態がサポートされていた。


UR館ヶ丘団地では<集約再生事業>で、450戸の減築で260戸余りの所帯が対象になり移転交渉が始まっている。
引越し業務はURの負担・・団地内の空住戸に移転する場合は補償料は僅か15万5千円とスズメの涙・
民間の住宅に移転する場合は143万4千円と雲泥の差です。


残念なことにTVで報道された通り・民間の住宅では高齢者の契約は難しい・大家の立場からすると<孤立死>>のリスクが高く・保証人のいない方は敬遠される。
その結果多くの不満絵を抱えていても、引っ越しの先の住戸確保が、できないと困るので・・高圧的なURの条件を飲みざる得ない。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。