⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<無縁社会?>

小生の居住するUR館ヶ丘団地は、空住戸も多く現在2200戸程度居住しています。
 平均年齢が70歳を超え・日本の未来を予想される典型的な高齢化団地です。
不幸にして毎年10人前後の<孤独死>が、発見されている。
 
 周囲の人との関係が希薄になって、孤立する人がふえ、昨今は<無縁社会>といわれるようになりました。


 <孤独死>自体は、そのような言葉こそなかったものの、明治時代から起こっていたといわれています。
<向こう三軒両隣>という言葉が表すように、近所付き合いが濃かった時代には、ここまで<孤独死>は問題になっていなかった・・


◎ 夜まで洗濯物が干したままだ
◎ 日中も電気がついている
◎ 新聞やチラシがたまっている
などの異変に気づいたら、警察や市役所・消防署等の窓口に連絡をする。
自治会他近隣の住民が戸別訪問などで積極的に関与するという取り組みが必要です。


対策として・・働けるうちは、社会に参加し働くことで多くの人との繋がりを持ち、自分自身の人生にも生きがいを見いだすことが重要です。


 多くの高齢者が孤独死や社会への孤立への不安を抱えるなか、地域や社会との繋がりを保つための受け皿はつくられつつあり、仕事・ボランティア・趣味など何かしらの繋がりを積極的につくることで一人暮らしをしていても社会から孤立しないための対策を立てる高齢者が増えてきている。


 日頃からできる限り外へ自発的に出るなどして、個々人で孤独死のリスクを減らすための対策を立てることも必要な時代になってきているのかもしれません


基本的なことかもしれませんが、孤独死の対策として大切なのが家族と連絡をとることです。


高齢の方の孤独を防ぐには、やはり身内であるご家族のサポートや関りが一番だと言えるでしょう。
遠方に住んでいる場合もあるとは思いますが、できるだけ定期的に連絡をとることで体調の変化や安否がわかります。


* <孤独死保障>のある保険に加入する
保険の特約で孤独死保障がついているものもあれば、孤独死の保障を専門にした保険もあります。


 保険内容は様々ですが、葬儀や清掃、遺品整理、納骨などを保障してくれます。ご遺族の手続きや対応はもちろん大変ですが、かかる費用も大きなものとなります。ご家族のためを思って生前にできる選択肢の一つです。


*  <死後事務委任契約>を行う
 ご家族やご親類がいない方の場合は「死後事務委任契約」をしておくことで、大家さんや不動産会社への迷惑を最小限にとどめられます。


* <エンディングノート>を作っておく孤独死に備えてエンディングノートを作っておくことで、ご家族の負担は大幅に減ります。


 葬儀をどのようにしてほしいか、誰を呼んでほしいか、財産の管理場所や年金の情報など細かく書いておくことで、死後の対応や書類関係の手続きがスムーズになります。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。