⁂職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<平穏無事?>


昨日孫たちがお嫁さんの実家(昭島)に帰って行った。


 今しがた・・倅が弘前に帰って行った・・一緒に変えるのか不明だが・・


日本海側の降雪情報を見ていたので・・雪は大丈夫かな?気をつけて帰れよ・・


<ジャーね・また来るね・・>男同士は会話は少ない・


大学を卒業してから20数年青森県の生活の方が長い。
行き合うのも正月と夏休みの2回だけ。


小生は、成人して独立した子供たちには・こちらからは干渉しないと決めているので余分なことや知恵はつけないことにしている


 <山の神>が、倅や孫たちに細々と接していたが・孫たちは<お年玉>をもらえば満足なはずなので静観していた。


 静かになったので予定していた書類の整理や破棄をボツボツ始めることにした。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。