⁂館ヶ丘団地・職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<命はたった一つのもの>


 <職人・生涯現役の鬼軍曹>の信条は・・タイトルに掲げた通り


  お母さんは命懸けであなたを産みました・・
 この世に産んでくれてありがとう・・
 命はたった一つのもの・・ 数えてはいけない・・


60年以上前母親の友人が、20歳くらいの子どもを亡。
慰めているうちに口論になった。


お宅はまだいいよね・・小さくて(弟が6歳で病死)・・


親の立場からすると<逆縁>くらい辛いことはない・年齢は関係ない


親子喧嘩の常套文句<何で私を産んだの・・>は、親になればわかりますが・・


SNSの発達で、世界中の情報が瞬時に手に入る・・真贋を見分けるのは難しい?


 冷静に考えれば・・正体不明で危険極まりない相手のはずだが・・


毎日ニュースのトップで報道される<座間市のアパートで>・・


座間9人全員身元判明~ 1都4県の15~26歳


TV他で、被害者の本名が公表され・友人のコメントも・・さらし者にされたみたいで・・親御さんの心中を察するとお気の毒です。


TVをつけたら・・
露営の歌が流れていた・・明日の命は誰が知る・・


 お国のためだと・教育されて・・若き命を犠牲にした親子の心情とは大分違うようだ・・


年齢を問わずこの世に与えららた命を大切にする<命の授業>が、必要不可欠です。


小生は無教養の愚か者・口下手ですが・講師?になって訴えたい・と考えている。


勝って来るぞと 勇ましく  ちかって故郷を 出たからは
手柄たてずに  死なれよか  進軍ラッパ 聴くたびに
まぶたに浮かぶ 旗の波


土も草木も 火と燃ゆる  果てなき荒野 踏みわけて
進む日の丸 鉄かぶと  馬のたてがみ なでながら
明日の命を 誰が知る


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。