⁂館ヶ丘団地・職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<選挙が始まった>




昨日から衆議院選挙が始まった・・


従来の感覚からすると・公示日は終盤戦の筈でしたが、今回は想像もしなかった<新党>の出現で選択が難しくなった。


 3人と候補者の争いと理解していたが・・突然名前も素性も全く知らぬ<落下傘候補>が登場して4人の争いになった。


 25歳以上で日本国籍を有する人は、誰でも立候補の権利はありますが・・


小生の持論は、地域の実情を詳しく理解している<雑巾がけをしている人>でないと困ります・


先の3人の方は・それぞれ長い間・地域に根を下ろして活動してこられたので・どなたが当選されても意義は申しません・・


<落下傘候補>を、拝見して主張を聞かないで批評するわけにもいかないので・ブログで10日の予定表を見て・17時30分頃高尾駅南口に出かけた。


 <予定は変更>になることもあります・・と書かれていたのが今一つ気になっていたが、演説する場所を確保する車両や<幟やポスター他>を用意する人たちもいない。


 18時を過ぎても動きがない・日程を間違えたのかなと思い帰宅した。


ブログで確認すると間違いはない<変更・・>は、当初から懸念材料があったようだ。


地元選出の都会議員やスタッフも当然応援団だろうから・誰か一人くらいは現地に来て<中止>を、連絡をするのが常識と思いますが・・


夜の<NHKテレビ>で、この候補の母親らしき人?がテレビで能書きを垂れていた・・


小生は、僅か1票しか権利はないが・このような候補には投票しない。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。