<館ヶ丘団地・職人の戯言>

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<孤独とは>



書籍名~  <孤独という名の生き方ひとりの時間>
 著者~    家田 荘子 さん~ 作家・ 僧侶で・ 行者
 女優など10以上の職業に就いたあと、作家に転身。、第22回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。
 2007年高野山大学で学んで僧侶となり、同大学大学院修士課程を修了する。
 出版社~


 今なお、自ら厳しい修行を課しながら、執筆と取材、講演、法話の日々を送るエネルギーは<孤独>から生まれているという。


 家田さんはこれまで4回結婚してるが(3回離婚)しているそうだ。
我慢しないようで羨ましい。


 人は<ひとり>の存在であり、家族がいようとシングル であろうと、孤独であること>が新しい力と喜びを生み出してきた・・
言われる通りだがなかなか<個人>に割り切るのは難しい・・


彼女のの身体を張った半生(哲学)は、<孤独という名の生き方>で、普通人では真似するのは・・

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。