⁂館ヶ丘団地・職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<ふれあい入浴デー>


<ふれあい入浴デー>は子どもから高齢者まで幅広い地域住民の、交流促進・健康増進を図るとともに、ご家庭とは違う大きなお風呂に入ることで、親子の会話や銭湯文化、入浴マナーを学ぶきっかけづくりの場を提供するため実施しています。


 小生が、子どもの頃の都会では家庭風呂は少なく<銭湯通い>が、普通でした・
電車に乗って隣駅の銭湯に行ったこともありました。


 住宅公団の賃貸住宅で風呂付が始まり・東京オリンピック以降・急速に<家庭風呂>が、普通になりその結果<銭湯>の廃業が年々増えた。


 現在~八王子市内でも銭湯の廃業が続き・・松の湯~福の湯~稲荷湯の3湯になりました。
 昨年秋に<松の湯>さんの廃業・・多くの応援者の力でとりあえず存続になりましたが、維持するのが難しい時代らしい・・


今年の<ふれあい入浴でー実施予定日>を見ていたら・・
<毎月26日・風呂の日>以外にも・・
市内在住の小学生以下のこどもとその保護者一人が無料


 子どもの日(しょうぶ湯)~ 海の日~ 山の日~ 冬至の日(ゆず湯)~ひなまつりり10月1日の<市制施行記念日>も含まれている


 例外は<敬老の日>は、65歳以上の方が無料で」利用できる。


 団地隣接の <新館清掃工場>の計画が進んでいますが、小生他多くの住民は、大規模な施設は不要で<コンパクトな銭湯>を、提案しています


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。