⁂館ヶ丘団地・職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<日に三転す>


戸塚 隆将 さん~著書・・仕事の基本~ 世界の一流36人から


<日に三転す>・・<経営の神様と言われた・松下電器の創業者・松下幸之助さん>の
言葉です。


 一日に三度も考えが変わるということは、すなわちそれだけ新規なものを見出し~生み出しているからこそで、これこそ<君子>というわけである。


 小生はこの言葉を目にした時<朝令暮改>よりひどく・目茶苦茶のこと言うなと感じた。  三度も考えが変わる人は、優柔不断や行動が一貫しないと人と想像しました。



 *  松下幸之助さんの言葉は続きます・・
●  常に新しい知にふれて、それを吸収して行動に生かす。
●  一日に三回新しさをインプットするだけなら・さほど難しくはないでしょう。


しかしそのインプットをもとにやはり三回のアウトプットを、続けられる人は<偉人>とするしかない。    生半可な意志力ではできることではない。


 *  著者・戸塚さんからのアドバイス・・
●  日常の小さなことからチャレンジしてみましょう。
●  朝・目を通した新聞情報のインプットを、仕事のアイデアに加味してみる。
●  ランチタイムでの同僚との意見交換で得た気づきを参考に・・その日の午後に上司に提案する。


 <松下幸之助>の成長への貪欲な取り組みは、時代を超えても大いに参考になります。


 凡人の小生は、直ぐ忘れてしまうので・・マスコミや講習会等で気になったポイントは、直ぐにメモしている。


 機会があると他人に話してみる・・元祖にはかなわないが自分のオリジナルになり・・引き出しが少し増える。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。