⁂館ヶ丘団地・職人の戯言⁂

お母さんは命懸けであなたを産みました・この世に産んでくれてありがとう・
親を愛し尊敬するする者は人を憎むことは無い・親を慕うものは、人を毛嫌いすることは無い・
命はたった一つのもの・数えてはいけない・      

<餓死者が出ないように・・>

館ヶ丘団地では8月28日に<スーパー>が閉店しました・・
多くの住民は<路線バスや自家用車・自転車>で、高尾駅方面に出かけている・・


少数ですが<ITを利用して・ネットショッピング>もいるようだ。


<介護保険利用者~民生委員がチェック~近隣で援助等>の方々少し不便でしょうが・・次の<テナント>が開業するまで我慢できるでしょう・・


小生が異常に気になっているのは・・多くの情報網から漏れている可能性の方々の中に  <予備軍>が、存在しないことを祈っています。


10年余り前に、勤務先の会社で資産管理しているDRが、数棟のアパートや駐車場を所持していた。
通常の管理業務はT商事のO社長に委託していた・・


O社長から相談があるので至急会いたい・・
事務所を訪問すると1か月前に賃借人の30代の男性が、<餓死>していた。


隣の部屋の女性から最近<悪臭・ハエ等が大量に発生>の連絡で・・警察官立ち合いで  玄関を開けると・・異様な状態・・今でも思い出しても寒気がする。


その1月前に男性が事務所を訪問・・お金がないので<家賃>を払えない・・数日何も食していないと訴えられた・・
1000円渡し・・至急親御さんに連絡して援助してもらうようにと・・諭した・
その時点で<親御さんに直接連絡すれば不幸を防げたかも・・後悔している・・

親御さんに来てもらい・・業者を頼んで後始末をしたり・他の賃貸人を管理している別のアパートに転居させたりで大変な苦労をされた・・


諸費用は親御さんに負担してもらって解決したそうだ・・


古いアパートなので<解体して更地>にしたいのでDRに連絡してほしい・・
間もな<解体>して・何もなかったように・噂も立たないうちに終止符を打った・


1年もせずに<心労>もあったのか・・小生よりかなり若いO社長が亡くなられた。


事務をしていた<妹さんと息子さん>で、事業を継承したが数年も経過しないで、1階で叔父さんが経営していた<材木・建材店>も含めて、更地になった・・


現在は<ラーメン屋>になっているが・・だれが経営しているかわからない・・


最近体調が今一の小生は・・余分な心配をするとまずいようだ・・
<整骨院>からも赤ランプ・・休むようにと勧告された・・


先ほど<ホームDR >の診察で・・眠れないと相談すると<休養が一番>・・
同じことを言われた・・
本当は出したくないが・・<軽めの睡眠薬・10回分>出しますが・・
あなたは忠告しても??苦笑していた・・


顔馴染みの<薬剤師さん>に、どうしたの・・
人前では言えない<餓死のいきさつ>を、聴いてもらったら心が軽くなった・・


こんな話をしたら<山の神>は卒倒してしまうのでもちろん話したことはない・・


小生の余分な心配がなく・・次のテナントの開業する日が待ち遠しい・・












































×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。